病院。

 26, 2015 18:17

やっと卒業シーズンも終わって、少し時間が出来たので


ヒメとラブを病院に連れて行きました。






少し前から気になっていたことがあって

ラブは後ろ足の付け根の腰の部分の両側が盛り上がっていて
身体の中に腫瘍でも出来ているんじゃないかと



結果→
  ただの太り過ぎ^^;


エコー検査したら筋肉と身だけでした^^


子宮を取ったから太りやすくなったみたいです。



それから、もう一つ心配なのが一か所ですがオッパイの上の辺りに

細かいしこりが少し。



これはやはり乳腺に出来る腫瘍でした。


ただし、急激に大きくなったり、大きさが3センチを超えるまでは
まだ待つ事にしました。

手術は多分しないと思いますが、数カ月で悪化するなら別ですが



年齢もあるし、片方をとってももう片方にまた出来た時にそれを
再度取れる年齢と体力があるのか


その辺も考慮しないといけないが、そんなに悪くならない事を祈るしかないです。




おしり付近に出来ている出来物も大分大きくなって

ソフトボール位あります。

これも重さで垂れてきてラブが嫌がったり噛んだり

便やオシッコがしにくくなったりしない限りは

取らないでいます。








これもよく散歩中に取らないのって声かけられるんですが

手術しても全部綺麗に取れないので取りません。





全ての決定を自分の責任の下で決めてます。



心配してくれてるんでしょうが、結構ストレスにもなります(-_-;)





ヒメは数年前にラブと同じように子宮蓄膿症になったが薬を飲ましたら

直ぐに治まった。

先生曰く稀な事らしい^





しかし元々弱いみたいで、たまにオリモノが出たりしていたので

その時には直ぐにお薬を飲ませてました、


ただ最近少しずつ腫れてきている様に思い今回病院に行きました




ラブもそうだけどヒメも最悪の事になるかもと覚悟して。




結果は筋肉系の腫瘍が膣の中にあり腫れてるとのこと。


 普通は小型犬に多いみたいで大型犬では珍しいらしい。

あまり悪さをする事はないらしいが、大きくなって中に留まって

舐めすぎたりオシッコが出にくくなったりして手術となったらかなり大がかりで

場所によれば全摘出は難しいと。




逆に外に出てくる場合もあり、その時はゴム等でくくって落とす処理になるそうです。


ここ一年、二年みていても急激に大きくなってはいないので

最悪にならない事を祈ります。





今すぐどうかなる様なことでは無かった娘達にほっとしました^^






店に戻って暫くは大型犬が怖いお客さんがいたので車で待機してました^^



_IGP4724b.jpg



_IGP4725b.jpg



_IGP4726b.jpg



ほっとしたのか、店に入れてからも後ろ付いてきて大変でした^0^


出来るだけ長くいられるように!!



_IGP4729b.jpg


_IGP4732b.jpg



にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村



にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT 2

Fri
2015.03.27
06:30

358joe #-

URL

No title

うちは、先代ゴルも男の子だし、今回も男ですけど
ゴルはなんだか出来物が多い気がします。

先代ゴルは、るいひ膿胞腫っていうので、
一回手術しました。
そのおかあさんは、全身に出来物出来て7才で亡くなりました。

先代ゴルは最後は胸に肉腫みたいなのが出来ましたが
11さいだったのと、可動性がなかったので
そのまま自然に任せました。

切ったり薬も使わなかったけど、気が付いたら虹の橋を渡っていました。
私自身は、予防はするものの出来るだけ自然に任せたいと思っています。

なにがベストか分かりませんが、こういう考え方の私のところに来てくれる運命なんだと思っています。

Edit | Reply | 
Fri
2015.03.27
12:48

ゴル5パパ #-

URL

358joeさん

こんにちは(^^)
何かで見ましたが出来物が出来やすい犬種の1位だった気がします。

ハッピーママも3か所位小さな出来物がありますが
皮膚の表面に付いているのはまだ安心みたいですよ。

色もピンク系はいいが黒っぽいのが要注意らしいです。


獣医さんの力量と知識と設備が人間並みであればもう少し外科手術する方向にすると思いますが
まだまだだと思ってます。

なので今は出来る範囲で自分がするしかないですね^^

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?